ソリータさんが作ったアドボ
ソリータさんが作ったアドボ。「この日は鶏の手羽元を足してみた。自由にアレンジして」

 大胆にカットされた豚バラ肉とジャガイモの煮込み料理だ。「酢の酸味が効いてさっぱりとしているから、これからの季節は最高」と水戸市西原の平野ソリータさん(54)。

 フィリピンのマニラ出身で、日本に来て30年のソリータさんは、家庭料理の代表格だという「アドボ」を作ってくれた。

平野ソリータさん

平野ソリータさん

 フィリピンで出会った日本人の夫との間には、2人の息子がいる。料理の腕前は、水戸市備前町の国際交流センターで教室を開いたことがあるほど。義母に教わったおかげで、日本食のレパートリーも多いが、「そのせいで子どもたちがフィリピンの料理に慣れてくれなくて」。

 しかし、このアドボは、息子たちと夫からも定期的にリクエストされる人気メニューだという。

 「おふくろの味というより、お父さんの味なの」とソリータさんは笑う。フィリピンの男性は、料理などの家事に、日本の男性より、はるかに積極的だからという。

 大皿に盛ったアドボを食卓に運ぶお父さんの笑顔は、今も忘れない。その後はいつも、5人の兄たちのけんかだ。「『お前、肉ばかり食べるなよ』。みたいな感じ」。最後は、お皿の底に残ったスープをご飯にかけて食べるのが、最高のぜいたく。「それは、一番上のお兄ちゃんの特権だった」

 「本当のアドボは、もっとおいしいのよ」とソリータさん。

 酢としょうゆが、日本と、フィリピンで違うからだという。ソリータさんがお気に入りフィリピンの酢は、ヤシの実が原材料。しょうゆは、大豆の風味がはるかに濃いという。「息子たちもフィリピンに行ったとき、おばあちゃんが作るアドボのおいしさに驚いていたから、日本人の味覚にも合うはずよ」

 その息子たちも、もう20代。「彼女を連れてきたら教えようと思っている料理が、アドボ。やっぱりふるさとの味は自慢だし伝えていきたい」とソリータさん。

ソリータさんのアドボレシピ

〈材料〉
豚バラブロック肉、ジャガイモ、ショウガ、ニンニク、しょうゆ、酢、だしの素

①鍋に、好みの大きさに切った肉、ショウガ、水を入れて煮る
②火が通ったら、火を止めて煮汁を捨てる
③鍋に、具材がかぶるくらいの水、調味料、皮をむいたジャガイモ、つぶしたニンニクを加える
④味を調整しながら、1時間ほど煮る

「しょうゆと酢の量は同じくらいです」

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう