作品を前にする石津さん
作品を前にする石津さん

 鹿嶋市下塙の石津勝之さん(77)の趣味は、ミニチュアのスターリングエンジンを作ること。部品はすべて、旋盤などで削り出して自作し、完成品は、実際に駆動する。

 これまでに40個を仕上げたという。

 スターリングエンジンは、シリンダー内の空気を加熱、もしくは冷却した際の体積の変化で動力を生む外燃機関のこと。約20年前、このエンジンの仕組みに魅力を感じたのが始まりだった。

 旋盤の使いかたを含め、すべて独学で制作技術を磨いた。「うまく動くまで試行錯誤を繰り返して、動いた時の感動は何度作ってもたまらない」と、石津さん。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう