津久浦社長
サバの干し具合を確認する津久浦社長

 神栖市波崎の干もの加工店「津久文」は、質にこだわったサバを天日干しで乾燥させた干物の新商品「鯖(サバ)山漬け吊(つ)り干」の生産、販売を始めた。サバは、開かずに丸のまま袋詰めした。値段はサバの大きさによって違い、500円から。

 原料のサバは、毎年12月頃に本県沖で漁獲したもの。12月に本県沖にやってくるサバは、「脂の乗りが一番いい」と同社社長の津久浦良典さん。

 はらわたなどを取り除いた後、4日間塩漬け。1日の塩抜きを経て、2日間天日干しした。

 「新潟県村上市の塩引きサケの製法を参考にした。うま味が凝縮されて、驚くほどの仕上がり」と津久浦さん。脂の乗りが良すぎるため、焼く際にはこげないように注意が必要だという。発送可(送料別)。同社☎︎0479・44・0800。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう