石田充春さんら
「グミでいばらキッスの魅力が伝われば」と、生産者の石田充春さん(写真右)ら

 神栖市のJAなめがたしおさいはこのほど、県オリジナル品種のイチゴ「いばらキッス」を使用したグミ「いばらキッスのいちごグミ」を発売した。

いばらキッスのいちごグミ

「いばらキッスのいちごグミ」

 

 行方市玉造で生産されたいばらキッスをピューレにして配合。ジュレと2層仕立てにした。「甘酸っぱいイチゴの風味を楽しめる。いばらキッスを気軽に楽しんでもらえれば」と、同JAの会田春美さん。

 いばらキッスは、糖度が高く、酸味とのバランスが良い。適度な硬さと食感の良さも特徴。

 1袋40㌘入り。価格は150円程度。販売は、茨城町のポケットファームどきどき、行方市の楽郷、鹿嶋市の鹿嶋農産物直売所ほか。一部スーパーでも取り扱い。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう