紅葉したナツハゼ
紅葉したナツハゼ

 大子町山田の「そめや農園」で、ナツハゼの葉の紅葉が始まっている。今月末をピークに、10月末まで楽しめるという。

 ナツハゼは、国内に自生するツツジ科の落葉低木。ブルーベリーのような実を付けることから「和製ブルーベリー」とも呼ばれる。夏に、ハゼノキのような紅葉を見せるのが名前の由来。

 約5000平方㍍の同園には、約2000本が栽培され、9月末になると実の収穫作業が始まる。実は、ジャムやあめなどに加工される。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう