「パプ王」を持つ石崎さん
果実は色鮮やかで、つややか。「ビタミンが豊富です」と石崎さん

茨城再見聞

 鉾田市のJA茨城旭村のブランドパプリカ「パプ王(おう)」が、収穫のシーズンを迎えている。

 ユニークな名前には、“パプリカの王様”という意味をこめた。海外産に比べてひと回り大きく、どっしりと貫禄もたっぷり。肉厚で甘みが強いのも特徴だ。

 同JAの蔬菜(そさい)部会パプリカ部の12人が栽培している。出荷先は全国だ。

 「夏場は苦労が多いんです」という部長の石崎和浩さん(53)の顔には、汗のつぶが浮かぶ。本来、パプリカの実は涼しい環境を好むという。夏場は、ハウスの上に遮光シートをかぶせたり、風を通してハウス内の温度を調節したりと、日々の気づかいが絶えることはない。

 生のままサラダにしたり、焼いたり、炒めたりと調理法は多彩。甘みが強いため、ジュースやスムージーにして味わうのもおすすめという。「ジュースを飲んで甘さに驚く人が多い。王様の味わいを楽しんで」と、石崎さん。

 販売は、同市樅山の同JA特産物直売所サングリーン旭のほか、各地のスーパーなどで。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう