「もりのきでんしゃ ゆうきをもって」
舞台は地震と津波が起きた海沿いの町

 住民と交流しながら芸術活動をする「常陸太田アーティスト・イン・レジデンス」のメンバーとして活躍した林友深さんが絵を担当した絵本「もりのきでんしゃ」の第二弾「もりのきでんしゃ ゆうきをもって」がこのほど、みらいパブリッシングから出版された。

 お話は、絵本作家のナカオマサトシさんが書いた。 電車「リン」「ミカ」「マロ」は地震と津波が起きた海沿いの町に、生き物たちを救いに行くが、原発事故が発生、救うことができなくなる―という物語。

 価格は1300円(税別)。全国書店で販売。「アマゾン」のサイトからも購入できる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう