折り紙をする参加者
折り紙をする参加者

 笠間市平町の集会所「旧陣屋コミュニティーセンター」で毎月2回、地域住民らの自由なおしゃべり会「陣屋カフェ」が開かれている。今年3月に初開催した後、休止していたが、5月から再開した。

 参加費100円で、本格コーヒーを含めたソフトドリンクが飲み放題になる。

 9月上旬の陣屋カフェには約20人が参加。体温測定などを済ませた後は、おしゃべりや折り紙遊びなどを楽しんだ。手料理を持ち込む参加者もあった。

 参加者の高松節子さん(80)は、「自粛生活で落ち込んでいたが、多くの人と交流することが、生きがいをつくることにもつながると思う」と満足げ。カフェ発案者の一人で旧陣屋2区区長の雨谷高市さん(71)は、「住民が互いの顔を知ることは、災害時の意思疎通にも役立つはず」と話していた。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう