小山ダムでボートに乗る人たち
初心者でも安心の活動「ボートクルーズ」

茨城再見聞

 高萩市の山間部にある小山ダムにこのほど、キャンプをはじめとしたアウトドア活動を楽しめる施設「はぎビレッジ」がオープンした。

 同市が主催で、常陸太田市の竜神大吊橋周辺でもアウトドア活動のサービスを行っているストームフィールドガイドが運営。同ダムは、北茨城市のJR磯原駅近くに流れ行く大北川の上流部にあり、県内のダムでは最大の大きさだ。

 主なアウトドア活動は、グランピングと、ダム湖でのカヌー、カヤックなど。グランピングは、常設の快適なテントで行うぜいたくなキャンプ。同施設は、食材も備えていて手ぶらで楽しめる。

 湖面での活動では、ダムのスケールの大きさと、自然の奥深さを体感できる。

 オールをこぎ始めて間もなく見えるのは、幅462㍍のダムの巨大な堤。上流部に向かうにつれて湖水が透明度を増して、湖底が透けて見える場所もある。湖畔の岸壁には、カワセミの巣が見つかった。

 グランピングは、中学生以上は1泊2食と湖面での活動1つを含めて1万4000円。カヌーは中学生以上6500円。同施設☎080・9175・0217。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう