写真を持つ二瓶さん
撮影した白いカラスの写真を持つ二瓶さん

 那珂市戸崎の二瓶浩さん(78)がこのほど、白いカラスを写真に納めた。

 くちばしや足まで真っ白。家の近くの木の上で数回見かけ、妻からの提案もあり撮影したという。

 撮影以降、白いカラスの姿は見かけなくなった。二瓶さんは「姿を見ることがなくなり残念だが、貴重な写真を撮影できてうれしい」と話す。

 県野鳥の会の副会長、矢吹勉さんによれば、写真のカラスはハシブトガラスで、色素の減少で全体もしくは部分的に白くなる「白変種」ではないかと話す。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう