ダイコンを持つ川上さん
照れながらダイコンを持つ川上さん

 日立市日高町の大衆食堂「かどやす」にこのほど納品されたダイコンの中に、ちょっと変わった形のものが含まれていた。

 先端が3本に分かれ、両脇の太い2本が中心で寄り添うように合わさっている。「珍しいなと思って、調理せずにとっておいたら、常連さんの間で話題になってしまってね」と同店の川上千賀子さん(76)。

 常連らの話によると、まれに収穫される形のダイコンで、“セクシーダイコン”などと呼ばれることもあるという。

 納品したのは、長い付き合いの地元の農家。「おいしさだけじゃなくて、話題まで提供してくれてありがたい」と川上さん。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう