新山さん、増子さん、梅澤さん、國松さん
(左から)新山さん、増子さん、梅澤さん、國松さん

 「里親リクルーター」の増子洋一さん、國松理恵さん、梅澤摩耶さん、新山美希さんの4人が、本県の里親登録1000組を目指したプロジェクトを行っている。「里親制度の認知度はまだ低い。少しでも知ってもらえたら」と4人。

 県内の現在の里親登録数は約270組。里親制度を推進するには、さらなる人数が必要という。
 里親には、次の4種類がある。①養育里親=子どもを一定期間、自分の家庭に迎え入れて養育する ②養子縁組里親=養子縁組によって子どもと法的な親子関係を結ぶことを前提として養育する ③専門里親=養育里親のうち、虐待や非行、障害などの理由で専門的な援助を必要とする子どもを養育する ④親族里親=実親が死亡、行方不明などにより養育できない場合に、祖父母などの家族が子どもを養育する。

 里親になるには、子育て経験は問わず、研修やサポート体制もある。子どもの医療費など必要な生活費は支給される。

 「今後、説明会なども予定。ご相談ください」と4人。問い合わせは、水戸市小林町の児童養護施設「内原和敬(わけい)寮」☎︎029・291・3770、つくば市高崎の児童養護施設「つくば香風寮」☎︎029・875・3451へ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう