「黒鯛焼」を持つ池田さん
「黒鯛焼」を持つ池田さん

 神栖市奥野谷で裂きイカなどの珍味の卸販売をする「池田珍味食品」の店主池田平三郎さん(71)は、イカスミを使った真っ黒な鯛(たい)焼き「黒鯛焼」など、変わり種の鯛焼きを販売している。

 池田さんは、50年程前に珍味の卸売業を始め、30年前に同店を構えた。売り上げを伸ばそうと、2010年に鯛焼きを始めた。

 イカスミは珍味の1つとして棚に並べていた。イカスミと鯛焼きのコラボは、ある日、唐突にひらめいたという。「どうせだから遠慮をしなかったよ」と、生地にイカスミをたっぷりと混ぜ込み、深い黒色に仕上げた。

 昨年は、同市特産のピーマンを生地に混ぜて、おなかにウズラの卵を入れた、緑がかった鯛焼き「子宝鯛焼」も考案した。「他にはないもの、神栖ならではの発想が出発点。鯛焼きを通して、市の知名度が上がれば」と池田さん。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう