平田さんと、ハボタン
平田さんと、ハボタン

 東海村白方の平田せつ子さん(81)宅のハボタンが、高さ約2㍍に成長した=写真。平田さんは、これまで10年以上にわたってハボタンを栽培してきたが、一番の高さという。訪ねてきた友人らも、「目を丸くして驚いている」と平田さん。

 ハボタンは、ヨーロッパ原産。名前の由来は、葉が色づいた様子がボタンに似ていることから。4~5月に、ナノハナに似た黄色の花を咲かせる。

 巨大ハボタンは、昨年11月に植えた2本のうちの1本。1本は5月に花が咲いたが、もう1本は咲かなかった。いずれ花が咲くだろうかと様子を見ていたが、ぐんぐん成長するだけだった。

 伸びた茎が倒れないよう支柱を立てるなど、世話を欠かさない平田さん。「今後、どんな姿になるのか楽しみ」と話している。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう