器の一部と、中村さん、武めぐみさん
展示販売する器の一部と、代表の中村さん(左)と、武めぐみさん

 笠間焼の作家グループ「ひとらぼ」の展示会「ひとりひとりにやさしい器展」が6月15日から、笠間市笠間の陶器店「きらら館」で開かれる。6月27日まで。

 同グループは、2001年に製陶事業者と、医療や福祉関係者などが連携して発足した「笠間焼商品開発研究会」が前身。障害者が、家族と同じ食事を、同じような食器で楽しく食べることを目標に食器を開発している。

 今展では、体重をかけると安定する皿や、楽な姿勢で飲めるカップなど、約300点が展示販売される。

 「食事を楽しくすることを通して、自立の支援をしていければ」と同グループ代表の中村富夫さん。

 同店☎︎0296・72・3109。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう