焼き芋を持つ米川さん
「品種によって味はさまざま」と米川さん

 鉾田市上釜のサツマイモ農家の米川農園佐之衛門(さのえもん)は、自家製のサツマイモで焼き芋セット「十四代目 佐之衛門の焼き芋」を製造、ネットを中心に販売している。

 品種の食べ比べを楽しんでもらおうと、「シルクスイート」「ハロウィンスイート」「あいこまち」など6種の中から4種を詰め合わせた。「糖度や食感、香りなど、品種の特徴を生かして焼いています」とは、焼き芋担当で、女性農業士の米川睦美さん(51)=写真。

 同農園のサツマイモ畑は海岸近くにあり、夏になると海上に発生する霧「潮霧」に包まれるという。「潮霧は、サツマイモに適度な塩分を与え、皮まで甘い格別な風味を育んでくれる」と米川さん。焼き芋の製造は、そんなサツマイモの魅力をもっと味わってもらおうと、5年前から始めた。

 焼き芋は、6本セット2160円(税別)、8本セット3240円(同)などで、どちらも送料は別。

 焼きたてを冷凍にして販売。食べるときは、自然解凍をして、温める場合はトースターなどで。半解凍の状態でスプーンですくって食べるのもおすすめ。同市のJA直売所サングリーン旭などでも販売。同農園☎︎0291・37・4547。

 同農園のホームページは、こちら

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう