紅葉の谷
1㌔周回コースの「紅葉の谷」で撮影。木漏れ日も美しい

茨城再見聞

 大子町高柴の奥久慈憩いの森は、「森林浴の森日本100選」の選定地(1986年選定)。芽吹きを過ぎ、緑の濃くなった森の中での散策が楽しめる。

 同森は、広さ49㌶と広大。森林学習館入り口に置いてある同森のパンフレットには、森を紹介したマップが掲載されている。気軽に歩くなら、「1㌔周回コース」がおすすめ。モミジやサクラの木々のトンネルを、小鳥のさえずりをBGMにしながら歩ける。

 6月20日には、植物を観察しながら森を散策する「初夏の植物観察会」が行われる。アカショウマ、ナルコユリ、スイカズラなど、白い花を咲かせる植物が多いのがこの季節の特徴という。参加には電話での申し込みが必要で、定員20人。

 なお、県は、新型コロナウイルス感染拡大防止のためのお願いとして、国の緊急事態宣言地域や、まん延防止等重点措置地域との不要不急の往来自粛を呼び掛けている。同森も来場者に、同様のお願いをしている。

 利用時間は午前8時半~午後5時(9月30日まで)。同森管理事務所☎︎0295・76・0002。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう