ウモレオウギガニ
ウモレオウギガニ

 企画展「毒をもつ生きものたち 生き残りをかけた大作戦!」が7月10日から、坂東市大崎のミュージアムパーク県自然博物館で開かれる。

 毒を持つ生き物は、怖い反面、多くの人の好奇心をくすぐる不思議な魅力を持つ。今展では、身近に生息している毒を持つ生き物たちを、それぞれの毒の使い方とともに紹介する。会期は9月20日まで。

 土・日曜、祝日と8月11、12、13、16日の来館は事前予約が必要。入館料大人750円、70歳以上370円、高校・大学生460円、小中学生150円。午前9時半~午後5時(入館は同4時半まで)。月曜と、8月10日、9月21日は休館(8月9・16日、9月20日は開館)。

 同館☎︎0297・38・2000。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう