アユの背越し
アユの背越し

 常陸大宮市小貫の「ホテル鮎亭」が提供している「鮎の背越し」は、アユを骨ごと薄切りにした料理=写真。天然アユが入荷する夏から秋にかけての限定メニュー。生きたアユを使うため、「活(いき)締めアユ」とも呼ばれる。

 骨が軟らかいアユのほか、小さな魚で用いられる調理法で、切り身の厚さは2㍉ほど。骨のコリコリとした食感が魅力。

 1人前800円。提供は10月まで。同ホテルは食事だけの利用も可能。同ホテル☎︎0295・57・2341。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう