豊嶋泰嗣©大窪道治
豊嶋泰嗣©大窪道治

 演奏会「メシアン〈世の終わりのための四重奏曲〉」が9月27日午後3時、水戸市五軒町の水戸芸術館で開かれる。同館コンサートホールでの演奏会開催は7か月ぶり。

 演奏曲は、フランス人作曲家オリビエ・メシアンが、第二次世界大戦中にドイツ軍の捕虜となり、収容所で作曲した名作。「今日の困難を乗り越える希望の音楽として演奏します」と同館。出演は、バイオリニストの豊嶋泰嗣さんほか、クラリネット、チェロ、ピアノの名手たち。

 一般3000円、25歳以下1000円。なお、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、客席の定員を半数以下に限定する。チケットの販売は8月29日から。

 同館チケット予約センター☎︎029・231・8000(月曜休館)。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう