カップ酒を持つ兼平社長
カップ酒を持つ兼平社長

 潮来市辻の酒蔵「愛友酒造」は、女性に人気のデザイナーユニット「アランジアロンゾ」のキャラクターが描かれたカップ酒「ごきげんカップ酒3本セット」を販売している。約1000セットを売り切り、追加販売を始めた。

 描かれたキャラクターは「わるもの」「カッパ」「うさぎ」で、いずれも同酒造のオリジナル。それぞれ動物などを擬人化していて、ポップでシンプルながら、独特の表情。

 中身を飲んだ後も、コップなどとして使ってもらおうと、社名や酒の原材料などの情報は、ふたに印刷している。

 同社は1804年創業。キャラクターカップ酒の販売は、新型コロナウイルスの影響による売り上げ減少の打開策として、オンラインショップを始めたことがきっかけ。委託先から、アランジアロンゾを紹介されたという。

 同社社長の兼平理香子さんは、「かわいらしく、酒の魅力を表現してくれている。若い人たちにも日本酒の魅力が広がれば」と期待する。

 純米吟醸、純米酒、梅酒の3本入り(箱入り)で1650円。同社売店や道の駅いたこなどで販売。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう