絵画と押し花を組み合わせた作品
絵画と押し花を組み合わせた作品

 大子町大子の大子ドレメ美術館で、押し花の作品展「押し花と絵画の世界」展が開かれている。栃木・那珂川町の押し花インストラクター栗田知恵子さんと、栗田さんの生徒で、同館館長の佐藤清子さんの2人展。

 栗田さんは、押し花歴23年。自然の山野草を中心に押し花にしていて、展示は、今年咲いたフジの花や、一夜限りの開花で知られる月下美人の作品など16点。佐藤さんは、袋田の滝の四季を表現したものや、絵画に押し花を施したオリジナル作品など20点を展示。

 会期は6月29日まで。

 20日午前中は、「フラワーボールペン作り」の体験を行う(参加費500円)。

 午前10時~午後4時。水、木曜休み。場所は、筑波銀行大子支店の向かい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう