展示の様子
戦時下の資料を展示

 子どもたちに戦争について考えてもらおうという企画展「戦争ってなに? ーかなしみと腹ペコの日々ー」が、水戸市大町の市立博物館で開かれている。来年1月11日まで。

 戦地から妻へつづられた100通以上の手紙、戦地での無事を祈って手作りしたお守りの「千人針」など、戦時下の資料や写真、図など計約170点を展示。水戸空襲の様子を追体験できる特設ブースもある。

 同館学芸員の藤井達也さん(31)は「戦争をテーマにした子ども向けの展示は初。戦争が起きるとどうなるのかを、考えるきっかけになれば」と話している。

 午前9時半~午後4時45分。入場無料。月曜と1月1日は休館(1月11日は開館)。なお、土、日曜と祝日、12月29~31日の来館は同館ホームページからの事前の入館予約が必要。同館☎︎029・226・6521。

 同館ホームページは、こちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう