本田さんと仲間たち
本田さん(右から2番目)と仲間たち

 水戸市高田町の農園「水戸ミライアグリ本田農園」はこのほど、朝採りのトウモロコシを、関東圏内であれば収穫した当日に届けるという「農園直送便」を始めた。

 「まずは生で食べてみてほしくて始めた。かぶりついたときの、あふれる甘みと果汁を味わって」と、代表の本田武士さん(23)。

 販売は7月下旬までの予定。種類は、「ゴールドラッシュ」と、「ドルチェドリーム」。ドルチェドリームは新しい品種で、糖度、風味ともに高く、粒皮がやわらかいという。ドルチェドリームの収穫は7月上旬と下旬の予定。ドルチェドリームの収穫時期はドルチェドリームを優先して送る。価格は1箱(8~10本入り)3000円(送料込み)。

 同園のトウモロコシは、10㌃の畑に5㌧の堆肥をすき込み、有機肥料だけで栽培。完熟したものを日の出前から収穫して発送する。

 なお、7月23・24日午前9時~午後1時は、水戸市末広町の助川接骨院駐車場で、ドライブスルー販売会を行う。問い合わせは、同園☎︎029・357・2556。

 ネット販売もある(https://mitorelu.stores.jp)。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう